アサヒBEERY(ビアリー)

急に夏がやってきたみたいな暑さですね。
今日も朝から転園して保育園イヤイヤな子供と、
学童へ子供たちを送り届けて、洗濯をして、自分の朝ご飯を食べて、仕事スタート!

最近暑くなったせいか普段は全く飲まない私もビールを飲みたくなって、でも酔っ払ってしまうのはNG。
(だってそのあと家事も育児もあるしな~)という私のための商品なんじゃないか!と思う出会いが先日ありました。(前置き長っ)

その名もアサヒBEERY(ビアリー)!

なんとアルコール0.5%

もうね、0.5%なんやったら飲まんでえーやん。
もはやそれはアルコールじゃないやん。
ってつっこみたくなるし、ノンアルと何が違うの?と思って飲んでみた。
で、全然違う。

普通のノンアルビールは、ビールの味に近づけようと思って、
甘味料とか酸味料とかを加えている商品らしいけども、
このビアリーは、なんと一旦ビールを作る。(!)
そして出来たビールから、わざわざアルコールを引き算していって、
0.5%になるように調整されているようなのです。(引き算したアルコールさんさようなら~)

だから味わいは、ちょっと苦みも残ってて、
普通の炭酸よりも大人の味わい、
のど越しもビールといっても過言ではない感じで、
なのに0.5%だから酔っぱらわずに済む。

最近では、私のためにアサヒさまが作ってくださったのではないか←
と勘違いしているほど。

この感覚、まさしくブランディング。
きっとこの商品のペルソナシートには、
私みたいな女性像が描かれているんじゃないかと思う。

最近アサヒ、すごいな。
というお話。

売り切れ続出の生ジョッキ缶もアサヒだし、
最近ではAmazonと連携してセグメント広告をAmazonへ出稿していたりもしていて、
これは購入してほしいという広告ではなく、
まず認知してもらうためのブランド認知向上を目的としたもののようで、
Amazonの購入履歴から潜在顧客を抽出して、
「こういう商品あるんですよ」というブランディング広告をコツコツとされているよう。

ブランディング広告なので、「購入はこちら」というようなボタンもなく、
楽しいオシャレなイメージ写真が表示されている感じ。
(本日付けの日経MJをご覧ください)

ちなみにAmazonで飲料の検索をしたことも購入もしたことがない私には表示されず・・・。見たかったなぁ。ちなみに商品はウィルキンソン。

今日も夜のBEERYを楽しみに仕事がんばる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA