ヤフーショッピング商品画像登録ガイドライン変更

先日、ヤフーショッピングの商品画像(主にサムネイル画像)のガイドライン変更が発表になりました。

お客様にとって「見やすい」「誤解させない」商品画像を掲載いただくためのガイドライン変更とのことです。

内容としては以下のとおり。

【商品画像】

■背景
画像の背景は写真背景・単色白背景のみを使用してください。
写真背景:商品と一緒に撮影された背景
単色白背景:カラーコード #FFFFFF(R255,G255,B255)の背景

■枠線
枠線なしの商品画像を登録してください。
枠線:画像の4辺を囲う線のほか、L字、帯状などの要素
辺の太さに依らず、枠線の使用は不可
※枠線に近しい装飾表現をしている場合は、ガイドライン非適合と判断する場合があります。

■余白
商品画像は中央に配置してください。
全体余白:上下左右5% (1200pxの場合は60px以上)
部分余白:左上30% (1200pxの場合は360px以上)
※ランキングラベルが入る可能性があるので、余白が必要です。

ヤフーショッピングガイドライン

【テキスト要素】

キスト要素を商品画像内に記載する場合は、テキスト要素の占有率を20%以下
としてください。

ヤフーショッピング

上記のほかに、「10年保証」などの付加価値テキストも不可となっていました。

ショップロゴもNGということなので、楽天のガイドラインよりも厳しいですね。
楽天のサムネイルのガイドラインであるテキスト含有率20%以内が同じだったので、楽天のサムネイルをそのまま使えると思いきや、使えない可能性も出てきました。

2023年4月頃を目安に、ガイドラインの遵守状況をストアパフォーマンスの評価項目に追加することや、本ガイドラインに反する画像入稿に対し検索順位の低下や商品非表示等の不利益措置を予定しているようなので、商品数が多い店舗さまは、少しずつリニューアルを進めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

楽天RPP運用について